福祉住環境コーディネーター・資格取得のための通信講座|スクールガイド

福祉住環境コーディネーターについて

既に高齢化社会に突入している日本では、福祉に関連する仕事の需要は
益々増えていくのは確実ですし、そこで就業する人材の需要も当然高まっています。

当サイトでは、福祉住環境コーディネーターの資格に焦点を当てて、
仕事の内容や資格についての情報をご紹介しています。


福祉住環境コーディネーターの資格は、東京商工会議所認定する公的資格で、
受験資格は特になくどなたでも受験することが可能です。

但し、1級については、申込登録の時点で2級に合格されていることが受験資格となっています。


介護・福祉に関わるホームヘルパー・ケアマネージャー・介護事務・介護福祉士等とともに、
高齢化社会による需要の高まりで人気の高い資格ともいえます。

福祉住環境コーディネーターの主な仕事について

ご自分が若いときに無理をしてまで建築した住宅なのに、
年を取るごとに階段が急に感じられるようになったり、お風呂場で危険な思いをしたりと、
年々不便な生活環境になってくるケースも多いです。

しかし、高齢になって体が不自由になったり、障害や持病を患っていても、
長く住み慣れた家や環境で暮らしたい…。

このような状況で困っているときに、福祉住環境ーディネーターは、
例えばケアマネージャーと連携してバリアフリー住宅への改修のコーディネートをしたり、
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。


もちろん、個人の住宅への対応だけではなく、介護老人保健施設・介護老人保健施設・
ケアハウス・公共施設などでのコーディネート、福祉施策・福祉/保険サービスなどの情報提供、
福祉用具・介護用品などの選択やアドバイス、介護や福祉に関連する住宅・住環境で、
幅広く活躍を求められています。

医療・福祉・建築についての幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながら、
クライアントに最適な住環境を提供できるよう適切なアドバイスを行います。


資格制度が始まってからの日が浅い為、実際には、福祉住環境コーディネーターのみの
専門家としての仕事は、まだ少ないというのが現状です。

福祉・建築・医療などの分野の知識が求められるので、ホームヘルパーや介護福祉士・建築士・
ケアマネジャーの有資格者が、さらに専門性の幅を広げるために受験しているケースも多いです。

しかし、徐々に社会的認知度も上がってきており、高齢化社会による福祉・介護関連への
仕事のニーズの高まりも重なって、これから楽しみな資格でもあります。


ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座
資格ユーキャン

福祉住環境コーディネーターの資格@通信講座|スクール情報メニュー


その他お勧め&総合資格・通信講座情報


医療事務 資格案内 調剤薬局事務 資格案内 歯科助手 資格案内
介護事務 資格案内 ケアマネージャー 資格案内 インテリアコーディネーター 資格案内
行政書士 資格案内 司法書士 資格案内 カラーコーディネート 資格案内
中小企業診断士 資格案内 社会保険労務士 資格案内 FP(ファイナンシャルプランナー) 資格案内
証券外務員二種 資格案内 宅建取引主任者 資格案内 マンション管理士 資格案内
管理業務主任者 資格案内 気象予報士 資格案内 旅行業務取扱管理者 資格案内
簿記検定 資格案内 通関士 資格案内 二級ボイラー技士 資格案内
第二種電気工事士 資格案内 電験三種 資格案内 危険物取扱者 資格案内
ボールペン字検定 資格案内 総合資格取得/通信講座案内